飯が美味けりゃ幸せ部ログ

WWOOFとHelpxというボランティア制度を使ってこれまでオーストラリア、NZの両国で20件以上もの場所を訪れてきました。自分たちの手で切り開いた山奥に住む人達、雨水を利用して野菜を育て自給自足を営む人達、地平線が見渡せる広大な荒野に身を置くような人達、太陽が昇るのと共に目覚め太陽が沈めばろうそくを明かりに過ごす人達、など特に印象的だった場所の体験記を記す一方で、現在NZでイギリス資本のITセールス会社に勤務する社員として見える日常や、現地ローカル企業における経験談、英語トホホ体験等を中心に記事を書いてます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

前回のHuon bush retreatと同じHuonville近郊にあるホスト先での滞在が先日終了した。これでちょうど10件のウーフ・Helpx先を訪ねた事になる。 記念すべき10件目のホストはceramic(陶磁器)作製を生業としており、ハンガリーとフィンランドからの移民夫妻がホストだった。 ...

Huonvilleからタスマニアの州都ホバートへ戻る為にヒッチハイクをした時の事だ。 50台ぐらいヒッチハイクを試みたがなかなかうまくいかない。雨もポツポツ降っていたので早めに車に乗りたい気持ちが高ぶっていた矢先に小奇麗な軽自動車が止まってくれた。 中を覗いてみる ...

前回記したように滞在していたHuon Bush Retreatでプロモ用にCMとWeb用の撮影があった。お伝えした通り私もcrazy Japanese tourist(一眼レフカメラで写真を撮る典型的な日本人という設定)として後ろ姿だけではあるが出演する事になった。 撮影は12時からだったが撮影ク ...

オーストラリアにセカンドビザで戻ってきてちょうど3ヶ月が経過した。2月16日からは約1ヶ月近く滞在したLaunceston近郊を離れ州都Hobartの南約40kmのHuonvilleにあるHuon bush retreats(山奥にあるキャンプ施設兼保養所のようなところ)にてwwoofをしている。 Launcestonか ...

本日セカンドビザで戻ってきて8件目となるウーフ生活を終えた。居心地が良かった為2週間以上過ごした。何を隠そう前回(Mt. Arthurの)記事に出てきたホストというのはここの事である。別に隠したつもりはないが。 ホストはドイツから25年前に移民としてやってきた夫婦であ ...

↑このページのトップヘ