飯が美味けりゃ幸せ部ログ

WWOOFとHelpxというボランティア制度を使ってこれまでオーストラリア、NZの両国で20件以上もの場所を訪れてきました。自分たちの手で切り開いた山奥に住む人達、雨水を利用して野菜を育て自給自足を営む人達、地平線が見渡せる広大な荒野に身を置くような人達、太陽が昇るのと共に目覚め太陽が沈めばろうそくを明かりに過ごす人達、など特に印象的だった場所の体験記を記す一方で、現在NZでイギリス資本のITセールス会社に勤務する社員として見える日常や、現地ローカル企業における経験談、英語トホホ体験等を中心に記事を書いてます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

今住んでいる山を切り開いた家の裏手にMt.Arthurという標高1190mの山があるとホストより教えてもらった。 オーストラリアにやってきてからいわゆるbush walkingというのをやったことがなかったので翌日にでも登ってみたいと申し出たところすんなり許可が出た。 年に1~2回は ...

現在滞在中の山小屋から見えたdusk(夕暮れ時)の写真。 近所の方々が集まって家の中で食事をしている時に誰かが「おい、外を見ろ!」と言わんばかりに発見。 珍しい雲の形や夕焼けの反映具合がまるでこの世の終わりかのようだった為そぞろそぞろと皆さんデッキに出て写真撮 ...

wwoof生活も早くも7件目である。2ヶ月弱で7件である。 この間クリスマスホリデーと正月を挟んでペースが落ちた事を考えるとそれなりに早いペースで回っている気がする。 これまでを少し振り返るといろいろな人がいるという至極当たり前の結論に至る。 あえて言う必 ...

ここオーストラリアに戻ってきて3ヶ月が経とうとしている。 2ndビザを使用しているのだが、1年目が終わった時に唯一心残りだったのがwwoofだった。 前回のラウンド中は正直お金を稼ぐのが主目的になっていた。というよりも個人的な財政事情からそうならざるを得なかった ...

タスマニアにやって来てから現在で3件目のwwoofホストのところにお世話になっている。 1件目、2件目共に1週間程滞在した。 1件目はチリから40年程前に移住してきたチリ人のホストファザーと米国生まれのホストマザーの2人暮らしであった。 驚いた事に子供は6人いるらしく長 ...

↑このページのトップヘ